クレープ屋さんtomoshibi|パリパリ生地の食感が新しいタイ屋台風クレープ(富士宮市)

クレープ屋さんtomoshibi
スポンサーリンク
サトー
サトー
こんにちは、みやぐらし運営者です!

今回お届けするのは、11月23日、富士宮駅の近くにオープンした『クレープ屋さんtomoshibi(ともしび)』。

いつものように、SNSで新規開店情報をリサーチしていて見つけたクレープ屋さんです。その投稿を見ると、どうやら“パリパリ”のクレープ生地が特徴とのこと。

クレープ生地といえば、“モチモチ”のイメージで固定していた筆者は、「“パリパリ”ってどんな感じなんだろう?」と、興味津々。

そこで、気合を入れてプレオープンに行ってみました! が、しかし、なんとすでに販売終了していました……。残念っ!!

今回はリベンジということで、再度tomoshibiに行ってクレープを食べてきました!

この記事では食べた感想のほか、お店の概要や基本情報(営業時間・定休日・アクセス・駐車場など)、外観や店内の様子、また人気クレープなどをお届けします。

まずはtomoshibiがどんなお店なのか、ざっくりとご紹介。

クレープ屋さんtomoshibiについて

クレープ屋さんtomoshibi

他では味わえない、パリパリ生地が特徴のクレープ屋さん。タイの“ロティ”にヒントを得た、“tomoshibi”オリジナルクレープの数々を味わえます。

富士宮駅の近くにあり、かつ21時まで営業しているので、学校や仕事帰りにも立ち寄りやすいお店です。

ヌテラ(チョコ)・練乳・キャラメルの3種類を軸とするクレープから、タイバジルチキンやハムエッグ、ツナマヨといったおかず系まで楽しめます。

またドリンクはコーヒーから各ソフトドリンク、ビールやハイボールなどのアルコール系も取り揃えているので、クレープを食べながらカフェスペースでまったりも可能。

ちなみに、オーナーさんとしては、「お酒が飲めない女性が、夜に1人でもふらっと立ち寄れる、そんなお店にしたい」と話していました。

それでは店舗の詳しい情報へ。

クレープ屋さんtomoshibiの店舗情報

住所〒418-0065 静岡県富士宮市中央町2-5 テナントC
営業時間12:00~21:00
※都合により変動あり
定休日毎週火曜日・第1.3水曜日
TEL0544-57-9133
駐車場1台あり(無料)
ホームページhttps://tomoshibi-crepe.shopinfo.jp/
Instagramhttps://www.instagram.com/tomoshibi_crepe_cafe/

定休日は毎週火曜日と、第1.3水曜日です。営業時間は12時~21時となっていますが、都合により変わることもあるようですので注意しましょう。

アクセスMAP

Googleマップで上の住所を入れて検索したり、『クレープ屋さんtomoshibi』のGoogleマップを表示させたりすると、若干ピンの場所がズレてしまいます(汗)

正確には……上のマップよりも、もう気持ち北側、宝くじを販売している『いとくま』の喫煙スペースの隣になります。

駐車場

tomoshibiの駐車場は『いとくま』の駐車場敷地内に1台分あります。遠目から見ると下の写真の場所です。

クレープ屋さんtomoshibiの駐車場

近くで見ると下の写真の場所です。目印が置いてあります。

クレープ屋さんtomoshibiの駐車場

クレープ屋さんtomoshibiの雰囲気

お店の外観

ナチュラルな木目でおしゃれな外観。ガラスの向こうには、カラフルなタイの飾りが吊り下げられています。(オーナーは大の“タイ”好きとのこと)

クレープ屋さんtomoshibiの外観

外にはベンチやテーブル、イスが置いてあるので、出来上がりをそのまま外で食べてもいいですね。

こちらはカフェスペースへの入口側。一見、自動ドアっぽいですが筆者が行ったときには“手動”でした。

クレープ屋さんtomoshibiの外観

なお「Yum!」と書かれた場所がフォトスポットです。ちなみに「Yum=美味しい」という意味があります(ググりました)。

店内の様子

カフェスペースはそこまで広いわけではありませんが、4~5人が入るには十分のスペースがあります。

クレープ屋さんtomoshibiの店内

写真のお花が置かれている場所が、カウンターになります。また、イスも置かれていますが、普段はありません。基本、立ちスタイルなんだそう。

クレープ屋さんtomoshibiのメニュー

手書きのメニュー表が置いてありました。

クレープ屋さんtomoshibiのメニュー

クレープの価格は500~600円です。今のところ、人気なのは『ヌテラ・バナナ』と『塩バターキャラメル』みたいです。

クレープ屋さんtomoshibiのクレープを食べてみた

2019.11.28|ヌテラ・バナナ&塩バターキャラメル

行ったのがお昼を食べた後だったので、今回おかず系は選択肢から外れました。

とりあえず「“パリパリ”生地を食べたい!」と思っていたので、とくにこれと言った商品は決まっていませんでした。

ただやはり“人気”というワードに惹かれて、『ヌテラ・バナナ』をいただくことに。3~4分ほど待つと、ついにヌテラ・バナナが……!

すぐにかぶりつきたいところですが……まずはフォトスポットでパシャリ。

クレープ屋さんtomoshibiで撮った写真

写真を取り終えたので、ようやく食べてみました。

クレープ屋さんtomoshibiのヌテラ・バナナ

Yum!

想像していた以上に、パリパリなクレープでした。ゴーフルとか薄いクッキーみたいな感じもします。

ヌテラとバナナの組み合わせは、言わずもがな合わないわけがありません!

ちょうど他のお客さんがいなくなり、筆者1人になったので、ここぞとばかりに『“パリパリ”の秘密』をオーナーに直接、伺ってみました。

なんでも、この食感にするまで相当苦労されたそうです。生地をパリパリにし過ぎると、丸められないですし、焼いていて割れてしまうこともあったとのこと。

ただ試行錯誤を繰り返していくと、「結局シンプルな材料に落ち着いた」と話していました。一応、筆者はその材料を伺っていますが、秘伝っぽい? のでここでは控えておきます。気になる方は直接、聞いてみてください(笑)

お話を伺ったあと、妻用にテイクアウトで『塩バターキャラメル』もいただきました。

妻は無類のパリパリ好きなので、tomoshibiのクレープにかなり期待していました。せっかくなので食べた感想を妻にも聞いてみました。

しばらく時間が経ったものを温め直す前に一口食べたけど、それでも全然パリパリしててビックリ。

塩バターキャラメルは、甘×しょっぱいが大好物な私には間違いない味。生地の食感からも味からも、スイーツっていうかスナックっぽくも感じて、お酒とも合うかも?

最後先っぽらへんの生地を食べてたら、クミンのような風味が……! 他のクレープの匂いがついたのかな? もしくは隠し味かも?

また食べたいと言っていますので、次回はおかず系クレープをチョイスしてみようと思います。

2019.12.22|エッグ・バナナ・ミルク

“第10回 宮町まつり”の帰りに、ふらっと立ち寄りました。今回は、おかず系を!と思っていましたが、お祭りで色々食べた後だったので、甘い系のクレープをいただくことに……。

先日の“まるごと”で放送されたときに、卵とバナナと練乳の話が出たこともあり『エッグ・バナナ・ミルク』をオーダー。

tomoshibiのエッグ・バナナ・ミルク

卵が入ることで、パリパリ生地にプラス、モチッと食感が生まれる感じです。練乳の甘さもおやつタイムにもってこい。

ただ、先っぽの方に練乳が溜まってしまうので、食べ方には気をつけたいところ。とはいえ、やっぱり“焼き立て”は最高ですね。

クレープ屋さんtomoshibiのまとめ

今回は11月23日に新しくオープンした、『クレープ屋さんtomoshibi(ともしび)』をご紹介しました。

最後に「いっしょに写真いいですか?」と聞くと、快くOKしてくれました。ポーズまで決めていただき感謝!!(かなり気さくな方です♪)

クレープ屋さんtomoshibiで撮った写真

また、実はtomoshibiのオーナーさん……占いもできちゃいます。専門学校に通い、占いの知識を身につけ、お仕事もされていたそうです。

「いずれはクレープと一緒に、占いもやりたい」とおっしゃっていましたよ! これも含めて、今度が楽しみなクレープ屋さんです。